ひかりTVの解約に必要な3つのこと

暮らし

こんにちわ。えーよんです。

やっぱひかりTVなんじゃないのか!!

のCMでお馴染みのNTTぷららさんの映像配信サービス。「ひかりTV」月額2か月無料とのことでほぼごり押しのような形でチューナーを送っていただきました。

必要なければ解約してもらえればよいので・・・と簡単に言ってくれるものだからかなり安易に考えてました。

ではそもそもなぜ解約という考えに至ったのか。

欲しいコンテンツがほぼ有料(レンタル)だったこと。配信サービスのコンテンツのジャンルや数の多さはさすがと言うべきですが、もちろん過半数以上が興味のない分野。見たいコンテンツも1話だけ無料ということも多いため、正直僕には合わないサービスでした。

無料期限も迫ってきたので早速解約手続きの開始です。

スポンサーリンク

契約番号とエントリーコードを確認しよう。

まず必要な情報の確認です。問い合わせ時に本人確認として契約番号とエントリーコードが必要になります。それはなんぞや?という方は、契約時に重要書類として郵送された会員登録証」を探してください。そこに記載されております。

無事に探し出せた方は写メなどに記録するのではなく、そのまま保持するか別紙にメモしておくのがお勧めです。

準備は整いましたので早速TELしましょう。

 

時間に余裕があるときにTELをしよう

忙しい時にわざわざこんな手続きする方はいないと思いますが、ついつい後回しにしてしまいがちなこの手の手続き。ふと思い出したようにTELをして思いのほか時間がかかってしまいイライラしてしまう・・・まぁよくある話です。

最初に言っておきますが、一回の電話で完結させようとするとなかなかのストレスです。私は時間を捨てる覚悟で電話しました。

さてまずはTELしましょう。

先ほど、用意していただいた会員登録証にカスタマーセンターの電話番号があります。

※プロバイダさん経由で契約している場合はNTTぷららさんではなくプロバイダさんに連絡してください。

まずはナビダイヤルにつながります。

解約の手続きを指定するとエントリーコードを打つように指示されます。16桁の数字を打ち込みます。(間違えのないように 😀 )

音声通話につながります。ここからが死闘の始まりです。鳴りやまない保留音。延々と続く保留音。少し音が途絶えた時の「おっ!」となる感覚。でも再び鳴り出す保留音。

ウトウトし始めて待ち続けること30分。ついにオペレーターの女性につながりました。正直つながることはないと諦めてましたが、待ちさえすればしっかりとつながるみたいです。

契約番号と名前の確認など本人確認を終えると、改めての勧誘のお話などがありましたがしっかりとお断りをしました。ここではしつこい勧誘はなかったです。無料期間の解約ということもあり、料金がかからないということもしっかりと明言していただけました。最後にクロネコさんが荷物を引き取りにきていただけるとのことでその日にちを相談して終了です。TEL対応は親切でした。

こんなにも時間待てないよ!!という方は解約コールバック予約という方法もあります。相手方からお電話いただけるサービスです。

ひかりTV解約コールバック

 

荷物の梱包をしよう

お借りしていたチューナーなどの返送の準備をしましょう。

返送するもの

  • チューナー本体
  • リモコン
  • アダプタ

指示はされませんでしたが必要ないのでLANケーブルやリモコン用のテスト電池などとにかく同梱されていたものはすべて返送。送られてきた段ボールにそのまま梱包します。

もしダンボール捨ててしまったという方は程よいダンボールを準備する必要があります。

あとは回収を待つのみです。ちなみに回収は2週間後。無料期間の月を超えてしまいますが料金の発生などはしないとのこと。(先方の都合の回収日だから当然といえば当然ですが(;’∀’))

クロネコさんの持ち込むことも伝えましたがあくまで来てもらえるとのこと。とりあえず来るのを待ってます。

※4/17追記 集荷の連絡を入れたに来ない!という報告もありましたが私の場合は指定時間内に集荷に来てくれました。特に何もすることなく、荷物を渡しただけで完了です。来ない場合は運送会社側の不手際の可能性もありますね(;^ω^)

まとめ

  • 顧客情報確認のため、会員登録証の準備しておく
  • 時間に余裕があるときに手続きをする。急がない場合はコールバッグ予約をして待つ
  • 回収日までに荷物を梱包しておく

ついつい言葉に流されて無料期間だけでも契約してしまうことも多々あるかと思いますが、いざ解約となると色々な障害が立ちふさがってしまうものです。今回のように実際レンタル品があるとなおのこと。本当に必要のないものなら無料でも最初から断ることは大切なことだと今回身に沁みました。

えーよん
えーよん

今回は僕の実体験をそのまま記述しております。契約状況や内容によっては違約金などが発生する可能性もあるかもしれません。カスタマーセンターの方に確認をとってみてもいいですね。他の手段も紹介してもらえるかもしれませんので・・・

コメント