【アニ学】筋トレがダイエットに適している理由「ダンベル何キロ持てる?」第二話!!前編

    こんにちは。えーよんです。前回のスクワットはどうでしたか?筋肉痛きてますか??このほど良い筋肉痛…たまらんですよねぇ。

    でも大切なことは、一日だけ無理してがんばることではなく、無理せず継続することですよ。一日だけがんばっても意味ないですからね。

    前回はひびきちゃんが「ベンチプレス」と「スクワット」に初挑戦。ベンチプレスは上半身・スクワットは下半身の筋肉を鍛えるのに有効なトレーニングだと教わりましたね。

    あわせて読みたい
    【アニ学】 体型が気になるあなた!!筋トレ始めてみませんか?「ダンベル何キロ持てる?」第一話 こんにちわ。えーよんです。早速ですが皆さん運動してますか??ちなみに僕は年に2回マラソン大会に出る程度で、ヒョロヒョロのもやし体型…マラソン大会前後は意識高く...

    さて今回は、第二話より勉強していきましょう

    (2話では情報量が多いので2部構成にさせていただきます。)


    ・同じ重さでも脂肪より筋肉の方が体積は小さい
    ・筋トレをするときは大きな筋肉から鍛えると効果的
    ・プロテイン飲むなら運動後30分以内に
    目次

    あらすじ

    トレーニングも頑張ってるし、どれぐらい体重減ったのかな??とウッキウキで体重計に乗ってみると…まさかの体重増加!!ショックのあまりトレーナーの街雄さんに相談すると、筋肉と脂肪の関係性について教えて貰います。

    そして同じ学校の生徒会長でもある、容姿端麗・成績優秀・おまけに超が付くほどの大金持ちのジム仲間の朱美ちゃんに筋トレするときのアドバイスも教えて貰います。ちなみにこの完ぺきすぎるスペックの持ち主、朱美ちゃんは変態的な筋肉フェチ。トレーナーの街雄さんの筋肉をみてよくアヘ顔します。ホントに変態です。

    筋トレしても体重は減らない!?

    運動しているのになぜか体重が増えている…しかもごっつくなってる…

    こんなこと許されない!!

    ダイエットを目的にしているのに心が折れちゃいますね。

    でも安心してください。それは、筋トレの効果が表れた証拠です。

    もっと具体的に言うと…筋肉が増えて体脂肪率が下がったということです。筋肉と脂肪の比重は筋肉の方が重いのです。

    表現的に正しいのかはわかりませんが…(無駄な脂肪が筋肉に変わると体重は増えるという様に僕は認識しています。)

    比重が筋肉の方が重いということは、同じ重さなら筋肉の方が体積は小さいといこと。同じ1キロでも大きさが違って見えるんです。

    といことは…同じ体重でも筋肉の多い方が痩せて見えるということです。

     

    無理な食事制限によるダイエットは、一時的には体重も下がりますが食事をもとに戻したとたんにリバウンドする可能性があります。また、無理な体重の減少によって筋肉量も減ってしまうため、代謝も低下します。代謝が低下した状態では今度は体重が減りにくくなってしまいます。
    理想はバランスのいい食事と運動を習慣づけにすることが大事になってきます。
    階段を使ってみたり、歩いてみたりと、楽する方法が当たり前になっているだけで、日常生活で体を使うシーンはいくらでもあります。
    トレーニングとプラスアルファになにか一つ変えてみてはどうでしょうか??ちなみに僕は駅でエスカレーターは使わないようにしています。

    筋トレするときは大きな筋肉から

    筋トレするときは大きな筋肉から鍛えると効果的です。

    大きい筋肉は部位的に言うと前回のベンチプレスやスクワット。胸や太もも周りの筋肉、そして背中の筋肉です。

    背中の筋肉を鍛えるには「ラットプルダウン」

    広背筋や大円筋など背中の筋肉中心に鍛えられます。

    フォームの確認は是非アニメでwww

    TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」見るならdアニメストア

     

    ではなぜ大きな筋肉から始めると良いのか説明していきます。

    ・大きい筋肉を鍛えるといっても、ピンポイントでその筋肉だけを使うというわけではないですよね?例えばベンチプレスをするにしても大胸筋だけではなく、しっかりバーを握らなければならないのでそれなりに前腕(握力の筋肉)にも負荷がかかったり。大きな筋肉を鍛えるついでに小さな筋肉も鍛えられたりするのです。

    ・大きい筋肉を鍛えるとなると、それ相応のエネルギーが必要となります。先に小さい筋肉トレーニングをして後から大きな筋肉を鍛えようとしても、余力が残っておらず効果的なトレーニングができなかったりします。余力がたっぷりあるうちにエネルギーが多くかかる大きな筋肉をトレーニングしましょう。

    ・そして最後に、これが個人的に一番の理由だと思っていますが、大きな筋肉ほど見た目が変わりやすい。せっかく頑張っているのに見た目に変化がないと正直つまらないです。小さな筋肉だと変化を感じにくいですが、大きな筋肉は見た目が変わりやすくモチベーション維持の大きな役割をしてくれます。

    筋肉が付きすぎたら困る!!ご心配のかた。普通に筋トレしているレベルで筋肉が付きすぎるなんてことはないので安心してください。しかしなるべく筋肥大をさせたくないのなら、筋持久力を鍛えるトレーニングがおススメです。軽い重量で回数をこなすトレーニングが筋持久力トレーニング。逆に重い重量で少ない数をこなすのが筋肥大トレーニング。

    プロテインを飲んでみよう!!

    最近のプロテインってマジ旨いですよね。僕が部活の時に飲んでたプロテインは牛乳がないと本当に苦痛でした。でも貧乏学生だったから無理やり水で飲んでて本当にまずかったww

    久しぶりに飲んだ時はあまりのうまさに感激しましたよ^^

    プロテインってなに??

    プロテインは要はたんぱく質のこと。人間の体は、ほぼ水とたんぱく質でできています。食事だけでは補いきれないたんぱく質を摂取するためにプロテインパウダーを摂取するというわけです。

    先ほども言いましたが人間の体はたんぱく質。体脂肪を増やさずに体を作るには必要不可欠なのです。

    いつ飲めばいいの??

    そしてトレーニング後30分以内に摂取するのが効率的。この30分の間に筋肉は修復するためにたんぱく質を求めます。このタイミングでたんぱく質を摂取することで一番効率よく吸収されるというわけです。この運動後30分を

    ゴールデンタイム

    と呼びます。呼び名からして特別感ありますよねww

    ちなみに…僕が飲んでるプロテイン


    おいしいですよぉ~

    まとめ

    ・同じ体重でも筋肉が多ければ締まって見える。
    ・無理な食事制限より十分な運動と体を動かす習慣を
    ・大きな筋肉から鍛える効率が良い
    ・ゴールデンタイムにプロテインを摂取すると吸収効率アップ
    ただ鍛えるだけではなく、食事や栄養面にも気を付けて健康的な体作りをしたいですね!!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる