【サンドラ】今日からリニューアル!!4月5日放送~

サンデードラゴンズ

こんにちわ。えーよんです。

本日4月5日、新年度最初のサンデードラゴンズからリニューアルされております。

スタジオの雰囲気…いつもと変わらねぇ~。若狭アナと加藤アナ、そしてお馴染み川上憲伸。見慣れた光景。

とはいえ、リニューアルと銘打っているのさすがに新コーナーが用意されておりました。新コーナーは一番最後に紹介させていただきます。

まずは世間を騒がしているコロナウィルスが及ぼす影響について

スポンサーリンク

4月24日の開幕は白紙

ナゴヤ球場・ドームの消毒。時間差での練習を行うなどをして。新型コロナウィルス対策をしておりましたが延期した開幕予定日だった4月24日の開幕は白紙となりました。

中日ドラゴンズとしても4月7日までは活動を休止することとなりました。

4月8日からナゴヤ球場で1軍2軍合同ですが時間差で活動再開予定とのことです。

開幕が待ち遠しい!今年は上位行ける!?

今年はルーキーが鍵を握っています。そんなジンクスがあります。

ドラゴンズの歴史を見るとルーキーが3人以上開幕一軍を迎えた年は過去10年で一度だけ…しかもその年とは2010年!!ドラゴンズが連覇の1年目の年です。

2010年のルーキー(2009年ドラフト)

当時のルーキーは一軍選手が複数人います。

1位:岡田俊哉投手(中日)
言わずと知れた今年のストッパー候補です。

2位:小川龍也投手(現西武)
中日時代はオガリューと呼ばれ貴重な左のサイドスロー。小林正人投手の後釜として期待されておりましたが2018年に西武へトレードされました。

3位:中田亮二選手(引退)
高校時代から見た目の割に俊足と話題を集め、「ブーちゃん」と親しまれました。

4位:松井祐介選手(オリックス)
2019年に金銭でモヤ選手・松井雅人捕手(後述)とともにオリックスにトレード。きれいなバッティングフォームでした。

5位:大島洋平選手(中日)
こちらも言わずと知れたセンターラインの要。昨年は最多安打のタイトルも受賞。

6位:諏訪部貴大選手(入団拒否)

7位:松井雅人選手(オリックス)
先述の松井祐介選手・モヤ選手とともに2019年にオリックスへトレード。何かとネットでネタにされていました。

8位:吉田利一(引退)
一軍出場無し。

今年のルーキーとこれまでの自己採点

石川選手:70点
井端さん曰く広島の鈴木誠也選手ぐらいの逸材。来年からは1軍で出来るのではないかととかなりの高評価。
1球で仕留めるということが今後の課題

橋本投手:50点以上
「怪我無く今まで出来ていますし状態も悪くない。出た課題も順調に克服できている。」
キャンプからずっと一軍に帯同。現在は中継ぎとして6試合無失点と十分すぎる結果を残しています。

岡野投手:65~70点
「通用しないと思っていたストレートもファールを取れたり通用している。フォークやカットボールでカウント取れたりで2球種が安定しているから試合が作れているとおもいます。」

郡司選手:67点
ドラゴンズ捕手の中でトップクラスのバッティング。2リーグ制移行、ドラゴンズ初の開幕捕手の可能性が高い選手。頭の大きさも一番とのこと(;^ω^)

岡林選手:40点
「バッティングで少しコツを掴んだけど守備が20点くらい。トータルで40点」
元150キロの投手で肩で魅せることができる貴重な外野手

竹内投手:10点
腰のケガから復活中。高校一年時には110キロだったが昨年冬には152キロまで成長。今後も伸びしろ十分の楽しみな投手です。
今年何人の選手が1軍デビューを飾れるかはわかりませんが、どの選手もデビューできそうな雰囲気でワクワクしますね(*’ω’*)

新コーナー「アナうんちく」

CBCのスポーツアナウンサーがドラゴンズの気になることを調査して報告するコーナーとのこと。これは内部にしか入れない業界人ならではの情報に期待です。

記念すべき第一回は

【知られざるブルペンキャッチャーの世界】

ブルペンキャッチャーって??

ブルペンキャッチャーとは現役を退いた元選手たちがブルペンで球を捕るお仕事をされております。現場に近い裏方さんです。

ただ捕るだけではなく良い時と悪い時のフォームを記憶してアドバイスをすることも大切なお仕事です。そこはプロの目線で的確な指示を欲している選手も多いとのことです。

ドラゴンズのブルペンキャッチャーと言えば大人気の方がいましたよね。

ルイス君!!

プルペンキャッチャー兼通訳兼生活アドバイザー兼スカウト兼打撃投手。

こんなマルチな社員なかなかいませんよ。しかも当時、松坂投手の入団テストの球を受けたのもルイス君とのこと。2018年までの情報しかないけど今はまだ在籍されているのでしょうか?気になります。いてほしいなぁ~。

ブルペンキャッチャーに聞いたこのピッチャーのストレートが凄い!

1位、大野投手

「左投げ特有の角度から右打者のインサイドに投げ込まれる球はなかなか打てない」小川BC談 ※BC=ブルペンキャッチャー

2位、岡田投手

「上手く指にかかった球は質が良く、実際のスピード以上の速さを感じる」前田BC談

自分がイイなと思っても受けている側の意見が聞きたく、些細なことでも伝えてもらえると嬉しい。逆に何も言ってもらえないと不安になるみたいです。

3位。梅津投手・マルティネス投手

ブルペンキャッチャーに聞いたこのピッチャーの変化球が凄い!

1位、小笠原投手(カーブ)

「打者の目線が一回上にずらされるような球。憲伸さんのようなカーブに似ている」前田BC談

これにはゲストの川上さんも大喜び(*’ω’*)

小笠原投手のカーブは縦の落ちる要素が高く、回転数も3000回転を超えているのでデータ的には群を抜いているとのこと。※一般的なカーブの回転数は2500回転と言われています。

梅津投手(スライダー)

3位、大野投手(ツーシーム)・岡田投手(スライダー)・柳投手(スライダー)

藤嶋投手(スピリット)

「ストレートと同じくらいの球の勢いがあって手元でスッと落ちるキレのある球」赤田BC談

ブルペンキャッチャーあるある

体に異変が!?

・球を受けすぎて左手(捕球する手)が厚くなる

・足腰がやられる

・声がいつも枯れている。ブルペンの活気はブルペンキャッチャーが大半

最後の一球に落とし穴!?

・登板前のラスト1球にキャッチングミスした(良い音が出なかった)ときは凹む、ピッチャーは気にしてないかもしれないけど気持ちよく送り出したいからどうしても気にしてしまうみたいですね。

えーよん
えーよん

裏方さんも大変だし、選手に気を使っちゃうよね

来週のサンドラはレジェンド登場とのこと。最近サンドラで立浪さんを見ていない気がするので登場かな??


コメント