【ロマサガ2】七英雄(ラスボス)をその場で閃いた技だけで倒す!に挑戦

ゲーム

こんにちわ。えーよんです。

今回はずっとやってみたかった、「七英雄をその場で閃いた技だけで倒す!」という縛りプレイに挑戦しました。この縛りプレイは以前から動画サイトに投稿されていて、初めて見たときは衝撃を受けたものです。

サガシリーズと言えば難易度が高めで、中でもロマサガ2のラスボス七英雄はなかなかの凶悪度を誇っています。絶対勝てる方法「クイックタイム」を使って倒したけど、クイックタイム無しではちょっと…という方もいるはずです。

実際僕もそうでした。子供の頃には難しすぎるゲームなんですよ(;^ω^)PS4にリマスター版があったのでリベンジをし、トロフィーコンプリートまで達成したので縛りプレイでもやってみようかな?と思い今に至ります。

スポンサーリンク

ロマサガ2ってどんなゲーム?

平気でこんなことして来るゲームですww

シナリオもパーティも武器も、とにかく自由。

サガシリーズの定番ともいえるフリーシナリオで、いろいろな国(イベント)を攻略して領土を広げていきます。領土を広げることで仲間も増えていくので、新たなイベント発生や、戦闘における戦略性も広がっていきます。シナリオの進め方によって仲間にならないキャラや手に入らなくなる術など、取り返しのつかない選択肢が多いこともサガシリーズっぽいところです。

シナリオが自由過ぎて詰むこともあります( ゚Д゚)

特に主人公というものは存在せず、強いて言うならゲーム冒頭に名前を決めた最終皇帝とゲーム開始時のレオン皇帝とジェラールかな?

主人公が存在しないといことに疑問を持つかと思いますが、このゲームには「年代」という概念があります。当然年代が変われば人も変わります。皇帝という存在がその年代の主人公的ポジションになるため、世代が変わるたびにコロコロと変わっていくわけです。能力も皇帝だけは継承してどんどん強くなっていきます。

全16クラスある中から好きなキャラを仲間にして自分のカラーを出したパーティを編成できます。武器も得意不得意はありますが、8種類から自由に選ぶことができます。

で、何が難易度高めかと言いますと、主人公たちの成長(正確には戦闘回数)によって敵も強くなっていくことです。終盤になるとボス戦どころか、そこらへんでウロチョロしている敵に全滅させられることだって普通にあります。

そして戦闘不能(死亡)の回数もキャラごとに制限があるため、ファイナルファンタジーやドラクエよりも命が重いゲームでもあります。

サガと言えば閃きシステム

ロマンシングサガシリーズに限らず、サガフロンティアなど多くのサガシリーズがありますが、その醍醐味と言えば

「ピコーン💡」

技の閃きです。キャラクターのレベルという概念がないため、新たな技を覚えるには運が全てです。キャラによって得意不得意があるので覚えられる技とそうでない技がありますので、何回も戦って攻略サイトで初めて気づくなんてことはざらにあります。昔は攻略サイトなんてなかったですからね。いたずらに戦闘を重ねて敵がアホほど強くなってしまったなんてあるあるです。

そんな意地悪なところもロマサガの良さですが、苦労してレア技を閃いたときなんて、脳汁ブッシャー!!ってなります。

このロマサガの醍醐味をラスボス戦まで封印して最後の最後に大解放させることが今回の縛りプレイです。

地獄と無双を味わう縛りプレイ

・技の閃きは最終戦までお預け
・見切りはもちろんOK
・クイックタイムは使用不可

【第一の壁】脳筋キャラ3人と無力な息子~地獄のような初期パーティー~

ゲーム開始時には初期パーティーが決められています。仲間に出来るキャラも少ないのでさほど選択肢はないですが、リセットを繰り返す地獄のような時間が始まります。

技を閃いてはいけない為、武器での攻撃は控えたいところですが、なんたって脳筋しかいない初期パーティー。術を使えるわけでもないので致し方なく武器での攻撃を余儀なくされます。

普段なら喜ぶべき閃きが発生した瞬間…リセットポチ…。敵と戦う前には必ずセーブしなければならない、何とも苦痛な時間を味わうことに。

一方術の使える、皇帝レオンですが、この術が敵全体を暗闇(攻撃の命中率を下げる)にするダメージ0の術しか使えません。鍛えればダメージ出るようになりますけど、最初は0です。(;^ω^)

そして、息子のジェラール。ファイアボールを使えるのですが、術レベルが低すぎて術ポイントがほぼありません。ボスにたどり着くころには、「もうやめて!!ジェラールのJPは0よ!」状態。ジェラールが皇帝になった時を機にまともな術師を迎え入れて少し安心してプレイを進められるようになりますが、ボス戦での長期戦は避けられませんね(;^ω^)

帝国の逆襲が始まる術研究所の完成

皇帝の術ポイントが25以上になると、術研究所なるものが建築可能になります。お察しの通り、術の習得が出来るようになります。

今まで、脳筋で術なんて習ってこなかった仲間たちもこれで術を使えるようになります。ステータス的に魔力なんて低いのでダメージソースの当てにはなりませんが、ただ防御する毎日よりはやりがいのある生活を送ることが出来るでしょう。

そして、この術研究所には今までいなかった「地」の術を使えるキャラが存在します。ぶっちゃけ現状では価値は全くないですが、後に強力な「ストーンシャワー」を覚えるので早めに地術のレベル上げをしておきたいのです。

全員術も覚えて仕事も出来るようになったのでガンガンフリーシナリオを進めていきます。

【第2の壁】岩戦

魔力の高い仲間、使い慣れた術攻撃によって、さほど苦労することなく進行出来るようになっていましたが思わぬ落とし穴。

岩戦です。

岩は文字通り岩との戦闘なんですが、岩を破壊するまでお付きのモンスターにチクチク攻撃される特殊な戦闘です。

で、この岩なんですが、全ての属性耐性がMaxまであるので術での攻撃だとダメージは0になってしまうのです。もちろん強力な物理攻撃もありませんから、攻略法はただ一つ、「無属性の術で攻撃」です。

無属性の術は、風の「体力吸収」と天の「ギャラクシー」

ギャラクシーは天術の最高位術ですので覚えるのはしばらく先。体力吸収でちゅうちゅう吸い取る作業です。

ギャラクシーの習得~無双の始まり~

天術の最高位術「ギャラクシー」を覚えたことで帝国軍の無双が始まります。パーティーは術師で固めているため雑魚的はギャラクシーで一掃。ボス戦に関しても2~3ターンで決着が付きます。

ギャラクシーの取得時には、ほとんどの術が最高位を取得しているため、「火術」の最高位「リヴァイヴァ」も取得し、合成術の「エリクサー」も完成済み。ラストバトルでの必須術は既に準備OK。通常プレイなら「火」と「天」の合成術「クリムゾンフレア」が強いので準備しておくといいですね。僕も作ってはいますが…

術が強すぎて過去の苦悩なんて吹っ飛ぶほどの無双状態。こんな無双がラストバトルまで続けばいいのに…と思っていましたが最後の最後にまたあの地獄が始まります。

【最後の壁】脳筋パーティー再び~無双していた術が弱ぇぇ~

いよいよ最終パーティー。ラスボス戦に向けての武力特化の脳筋パーティーを再編成。

術は立派だが技は一切ない。オマケに武器レベルも全く育っていなかったため、鬼のような強さとなった雑魚敵?たちで熟練度稼ぎです。

えーよん
えーよん

技欄を見切りで埋めての素振りで熟練度稼ぎしたよ!

1ターンで終わっていたバトルが2ターンかかるようになり、死亡者が続出します。まるで毎回ボス戦かのようなストレス。なんやかんや1週間くらい?素振りを繰り返し、いよいよ大解放に向けてラストダンジョンに向かいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ここまでの縛りを一気に解放(*´∀`)閃き祭り!!今夜開催!!#ロマサガ2 #縛りプレイ #閃き

A4 size(@a4size)がシェアした投稿 –

 

えーさん
えーさん

最終能力は最後に動画内で紹介するよ!

いよいよ、縛り大解放!七英雄に挑む!!

言葉はいらない、かつて英雄と呼ばれた者たちよ!勝負じゃ!俺を気持ちよくさせてくれぃ!!

・使う術(回復系各種・リヴァイヴァ・ソードバリア・ミサイルガード)

ぶっちゃけると最初にやってみたら全滅しているのでこれはリベンジマッチです。

小さい頃は難しくて通常クリアできなかったゲームが今こうして縛りながらもクリアしてめちゃめちゃ楽しめているのでなんかうれしいですね。

個人的には「サガフロンティア」のアセルス戦もタイムリープが無いとクリア出来ていないので今一度挑戦したいんですがハードがなぁ~…クラシックしかないのがつらいなぁ~。


コメント