転スラ好きなら必読!ラノベ13.5巻を絶対読むべき3つの理由

  • URLをコピーしました!
えーさん

転スラの13.5巻って読んだ方がいいの?
別に読まなくてもストーリーに影響ないよね?

こんな悩みを解決します。

この記事でわかること

・転スラ13.5巻の読むべき3つの理由

・とりあえず読むべき内容

えーよん

Web小説読破。アニメはもちろん漫画も全巻読んでいる僕が紹介します。(ラノベは途中まで)

転スラのラノベ13.5巻は公式設定資料集です。

なので別に読まなくてもストーリーに影響はありません。

ですが以下のような人にはぜひおすすめです。

・ラノベ読者で「テスタロッサ」が好きな(紅に染まる湖畔事変が気になっている)人

・web小説やネタバレサイト(動画)などでアニメや漫画よりも先の情報を知っている人

・今後も漫画を買い続けていく人

・転スラの世界観やテンペストの雰囲気が好きだ

という人は

ラノベを読んでいない人

この先ラノベを買う予定のない人

であろうと13.5巻だけは読む価値ありです。

なんとなく「読んでおいた方がいい気がしてくる」おすすめ理由と

お得に読む方法をお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

目次

公式設定資料集13.5巻ってどんな内容?

そもそも公式設定資料集ってもどんなことが書いてあるの?

気になりますよね。

目次から大きく分けると以下の4つです。

・物語回想→ラノベ9~13巻の内容をピックアップして解説

・人物紹介→各キャラクターの解説や相関図などを使って紹介

・世界案内→転スラの世界観やテンペストの施設紹介や他の魔王の支配領域などを解説

・外伝小説→本誌だけでしか読めない短編小説など

外伝小説以外は、内容の復習や掘り下げ解説が多いです。

なのでラノベを読んでいない人にとってはネタバレ要素が多くなります。

逆にラノベをしっかり読んでいる人なら知っている内容です。

ではなぜ僕が「おすすめ」しているか紹介します。

転スラ好きに小説13.5巻をおすすめする3つの理由

公式設定資料集13.5巻をおすすめする理由は3つあります。

・キャラクターの整理や能力確認

・テンペストのお国事業がわかる

・「紅に染まる湖畔事変」が読める

えーさん

そもそも文章読むのが嫌だからラノベに手をだしてないんじゃん

という人もいるかと思います。

しかし13.5巻はイラスト、図解、吹き出しなどが多いので

「どのページも文字がギッシリ詰まっていて読みにくい」

というわけではありません。

苦手な人でも比較的読みやすいかと思います。

ではそれぞれ紹介していきます。

キャラクターの整理と能力確認

アニメならまだついていけている人が多いかと思いますが、転スラの登場キャラクターはめちゃくちゃ多いです。

というか増えます。この先アニメ2期終了時から2倍以上になるでしょう。

ラノベ13巻の時点で200人(ランガなど人型以外も含めて)近くおり、そのほとんどが物語に絡むキャラなのでもう大変

転スラは戦闘シーンだけでなく、政治的やりとりの多い作品なので、戦うこと以外にも優秀なキャラクターの名前が分らないと

「どうしてこうなった?」

なんて置いてけぼりをくらうこともあります。

もちろん全員の名前を憶える必要はないですがなるべく覚えておいた方がいいです。

えーよん

・あれ?コイツ敵やったのになんか仲間になってるわ
・(名前も覚えてない)モブだったキャラがなんかめちゃくちゃ強いけど何者?

なんてことになります。

もう「わけがわからん」のです。

極めつけはテンペスト軍(リムルの配下)

僕の大好きな悪魔3人娘(原初の白、紫、黄)はもちろんですが

彼女たちの配下(とくにモス)はサブキャラなのにめちゃくちゃ優秀(ラノベ12巻前後では大活躍)

ラノベだと名前を覚えないと致命的ですし、アニメや漫画だって名前と顔が一致しないと楽しめなくなるでしょう。

そうならない為にキャラクターだけでなく、スキルの紹介もされています。

・あのキャラは、こんな性格をしていて、こんなやり取りがある

・あのキャラには、こんなスキルがあって、こんな作戦を実行できる

・誰が、どんなスキルを使って、誰を倒したか

なんてことを整理するのにうってつけです。

アニメや漫画で見た技名を調べるのにも役立ちますよ!

悪魔3人娘についてはこちらの記事を参考にしてください。

転スラの世界観に詳しくなれる

転スラは正直むずかしい話です。

ラファエル先生が説明してはくれますがリムルだってどこまで理解しているか正直怪しく感じます。

代表的なところは

・魔素と霊子の違い

・魂、マテリアルボディー、スピリチュアルボディー、アステラルボディーの違い

など、説明はあるもののぶっちゃけ理解することなくスルーしている言葉があります。

これらの説明が書かれているので、理解できた人はラファエル先生の説明に理解できる転スラ猛者になれると思います。

また、転スラの面白さの一つが国の発展です。

貧しかったゴブリン村から始まり今では誰もがうらやむ大都市にまで発展しました。

転生者だけでなく魔王(神)ルミナスも気に入っていますよね。

農業などの一次産業から地下迷宮のアトラクション、観光に娯楽など

テンペストについて詳しく紹介されています。

また、これらの施設に関わる一般国民の暮らしがわかるショートストーリーを読むと

えーよん

まじでこんな国があるなら一度は住んでみたい

という気持ちになります。

漫画のスピンオフ作品では、テンペストの観光案内をする作品もあります。

興味がある人は是非こちらの記事を参考にしてください。

「紅に染まる湖畔事変」が読める

もともとは悪魔三人娘のキャラクター紹介を見るために買った本ですが

思わぬ副産物

それは「紅に染まる湖畔事変」の小説が掲載されていたことです。

ラノベを読んでいる人しかピンとこない話題ですが

かつて東の帝国領でテスタロッサ(当時は原初の白ブラン)が引き起こした

数万人の民が生贄にされた凄惨な事件です。

いずれは漫画にも「紅に染まる湖畔事変」というワードは出てくるので

その時は

13.5巻に小説がのっていたらしいな

ということを思い出してください。

個人的には

・「コリウスの夢」のように短編アニメ化してほしい

・特典で漫画にしてほしい

と思うくらいおもしろい内容です。

正直なところ

・この話を読むためだけに13.5巻を買うのはあり

・テスタロッサが好きな人は絶対に読んで欲しい

でなきゃ「わざわざこんなブログ書いてないかな」

と思うぐらいにおすすめです。

\500円OFFで買えるebookjapnで /

もうちょっと詳しく!という人はこちらの記事を参考にしてください。

ラノベを読んでいない人がとりあえず読んでおきたい内容

公式設定資料集はラノベ同様にかなり分厚いです。

なのでラノベを読んでいない人が「端から端までしっかり熟読する」のは大変だと思います。

「こんな感じで読めばいいよ」というポイントを先ほど紹介した

・物語回想

・人物紹介

・世界案内

・外伝小説

ごとに紹介しますので参考にしてください。

ラノベを読んでいる人は、知っている内容は走り読みしながら端から端まで読んでください。

物語回想→漫画よりも先の話を端的にまとめてある

えーさん

この先こんな展開になっていくのか

という軽い感じで読めばOKです。

ネタバレしたくない人は飛ばしてもいいですが、先の展開をざっくりでも知りたい人は要点をまとめてあるのでいい予習になるでしょう。

だいたいの内容を把握していると漫画を待つ楽しみが増えます。

人物紹介→好きなキャラだけ読んでも面白い

人物紹介は好きなキャラを読むだけでも面白いです。

特に相関図ではキャラごとの関係性が(恋愛的な意味合いも含めて)わかるので面白いです。

最近では

・モミジvsアルビス

・ソーカvsリティス

リムルに関してはライバルが多すぎて、うらやま状態

世界案内→転スラオタクになるなら読んだ方がいい

世界案内は転スラの世界全容をとらえた内容です。

けっこう難しい内容も載っていますが、世界観をより深く知るためには読んだ方がいいでしょう。

でも難しいから、掲載されている図やイラスト、「魔国の日常シリーズ」というショートストーリーだけ読めばいいかな。

外伝小説→全部読む

外伝小説は全部読みましょう。

先ほどお伝えした通り「紅に染まる湖畔事変」をアニメ化してほしいほどに読む価値はあります。

他にも

・魔物の国の給与事情

・常夜の国の女神様

の外伝小説もあります。

魔物の国の給与事情

戦いでは貢献できないリグルドがミョルマイルやディアブロの意見を参考にテンペストの従業員の給与形態を考える話。

リグルドがサラリーマンしてます。

テンペストの盟主(上司)リムルを満足させられる名案を出せるのか?

リグルドの腕の見せ所!

常夜の国の女神様

ルミナス視点の小説です。

ヒナタとの出会いからリムルと友好関係を結ぶまでのストーリーをルミナス視点で描かれています。

難しい内容ではなく、漫画22巻の内容(ルミナス、ヒナタ、クルセイダーズ)がテンペストで宴会をしていたときの

下心(悪巧み)

がわかります。

ルミナス好きは読むべき小説です。

転生したらスライムだった件13.5巻をお得に読む方法

残念ながら無料で読む方法はありませんが、お得に読む方法はあります。

それは

ebookjapanで電子書籍を買う

ことです。理由は2つ

・安く買える

・本棚を圧迫しない

素直に本屋さんで買うと1,100円(税込)。ですがebookjapanでは600円(税込)で買えます。

「なんでそんなに安く買えるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ebookjapanは初回ログインで6回使える上限500円の70%OFFクーポンがもらえるからです。

ヤフーIDを持っていればす面倒な会員登録なし

それに、転スラの小説は2.5cmと分厚いです。本棚を圧迫しますし、小説を集めていないのに1冊だけあるとレイアウト的にも浮くので電子で買うのがおすすめです。

\500円OFFで買えるebookjapnで /

ebookjapanについてもっと詳しく知りたい人ははこちらの記事を参考にしてください。

まとめ~紅に染まる湖畔事変だけでも読む価値あり~

今回は「転生したらスライムだった件13.5巻」をおすすめする理由を3つ紹介しました。

おすすめ理由は

・キャラクターの詳細設定がわかる

・転スラの世界観がわかる

・「紅に染まる湖畔事変」がよめる

本編では知りえなかった情報や、どんどん複雑になっていくストーリーを整理するために最適だということをお伝えしました。

しかし今回一番おすすめしたいことは「紅に染まる湖畔事変」が読めることです。

個人的には映像化してもOKレベルの内容だと思っているのでぜひ読んで見てください。

\500円OFFで買えるebookjapnで /

本編のラノベをお得に楽しむ方法はこちらの記事を参考にしてください。

ラノベを楽しむならコスパ最強です。

今後も転スラを一緒に楽しんで行きましょう!

この記事があなたの転スラ愛の手助けができたらうれしいです。

ノシ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次